グリーンスムージーの効果・効能

9月 6th, 2016

グリーンスムージーはいろいろな効果があります。

青汁と似ているので、同じようなものだと考える人もいますが、少し違います。

グリーンスムージーはアメリカ発祥で、青汁は日本発祥という違いもありますが、グリーンスムージーにはフルーツを入れるということが一番大きな違いだといえます。

また、栄養素的なことでいうと、青汁になくてグリーンスムージーにあるものというと、糖質です。

フルーツの甘さに慣れて、人工的な甘さをあまり必要としなくなり、間食でお菓子などを食べなくなっていくので、ダイエットへの期待ももたれています。

ですが、青汁とグリーンスムージーをミキサーで混ぜてしまう、ということもできます。

スムージーの効能というと、健康に良い作用、脂肪燃焼や基礎代謝アップ、水分量の調整やアンチエイジングにいい影響があります。

葉野菜の豊富な栄養成分だけでなく、食物繊維も一度に摂取することができます。

食物繊維は、現代の女性の約3人に2人が便秘になっているといわれていることを改善することができますし、体を内側から元気にしてくれます。

果物や野菜の細胞の中には、果糖、ミネラル、ビタミン、酵素などがあります。

この栄養が、ジューサーにかけることで体内に取り込みやすくなるのがスムージーのいいところです。

天然の酵素を摂取することで、新陳代謝のアップ、冷え性の改善、美容効果、便秘解消、体質改善などの女性にうれしい効果を感じることができるのです。

健康への影響や肌や便秘などにいい影響があるというのは、男女に関係なくとても嬉しいことです。

自分でグリーンスムージーを作ることもできますが、市販の粉末を利用して簡単にその栄養を摂取することも可能なので、面倒だという人でもすぐに作ることができるので便利です。

粉っぽいのが苦手だという人でも、牛乳や豆乳を使うことで味の変化を楽しむことができます。

液体なので、年齢に関係なく子供から年配の人まで美味しく飲むことができるというのも、効能のひとつだといえます。

また、女性に嬉しい生理痛の改善やニキビなどの肌荒れを改善することもできます。

市販のものの味が苦手という人でも、自分で果物と野菜をミキサーにかけることで、自分好みの味と効能があるグリーンスムージーを作ることができます。

ダイエットがしたいという人は、置き換え食として利用していることもあります。

そのとき冷蔵庫にあるもので作ることができるので、新鮮なものを口にすることができるのが人気です。

関連ページ:グリーンスムージー

Comments are closed.